食品工場の求人

取り扱う商品によって仕事の内容は異なる

食品工場と一口に言っても、取り扱っている商品は多種多様です。例えばパン工場の場合、パンだけでなくケーキや洋菓子などを製造しているケースもあります。仕事の内容として、アルバイトや派遣社員が担当するのは具材のトッピングを始めとする単純作業であることがほとんどです。弁当工場では、素材の下処理や調理、盛り付けなどの作業があります。担当するのは作業のごく一部なので、料理が苦手でも問題はありません。

冷凍食品工場の場合、調理や袋詰めは機械が行うので、アルバイトや派遣社員はできあがった商品の検品や梱包を担当します。冷凍倉庫の中での作業になるため、ほかの工場に比べると環境は過酷です。その分、時給は高めに設定されていることが多いようです。

未経験でも始めやすい

食品工場で働くことに対して「調理はできないし、未経験だから心配だ」と思うかもしれませんが、心配する必要はありません。なぜなら、ほとんどの場合、食品工場の仕事は工程ごとに担当が分けられているからです。つまり、一人が担当するのは、商品を製造する工程のごく一部。工程ごとにしっかりしたマニュアルが用意されていることが多いため、未経験でも問題なく働けます。単純作業が多く、基本的には同じ作業の繰り返しなので、一度覚えてしまえばそれほど難しくありません。

ただし、単純作業の繰り返しになるため、人によっては苦痛に感じることがあるかもしれません。自分の仕事を丁寧かつスピーディーにこなすことが求められるため、淡々と作業を行える人に向いていると言えます。

神奈川の寮の派遣で働く際、職場から寮が遠い場合でも無料の送迎があることが多いので通勤の移動は便利です。